メニューをスキップして本文へ


VOW WOW are Back!!!!!

  • 2010年12月30日(木) 12:07 JST
  • 投稿者:
    Tani
  • 閲覧数
    3,669
Music

VOW WOW are Back!!!!! 

“ヴァウの総て All about VOW ”
出演者  VOW WOW 
 人見元基(vo)、山本恭司(g)、厚見玲衣(key)、新美俊宏(dr)、Supported by Gregg Lee(bass)


 

行ってきました。奇跡の2Days!!!
20年前に解散したはずの奇跡のバンド VOW WOW の復活!!

このサイトの事前予告をしったのが、8月上旬。

そして、正式発表された9月21日 午前0時、狂喜しましたよ。

学生時代に出会って以来、自分の中で常に鳴り響いていたこのサウンドを生で聞けるとは!! (実は去年も聞いた)
しかも、“アックスの奇蹟~Veritas ! One-night Wonder”とは違い、VOW WOW のクレジットです。
正真正銘のVOW WOW に よる VOW WOWのライブです。日時は、2010/12/25,26 なんと 2Days。

諸般の事情がからみ、VOW WOW クレジットでのライブは実現しないと思っていたので、この衝撃の大きさといったら…

んでもって、チケット販売情報を確認したのち速攻でSOGO-TOKYOの会員になり、会員先行チケット予約の日を待つ。
自分と妻のIDにて抽選に挑み、見事2日券をゲット☆。25日1日券もゲットという快挙☆ (妻に感謝)。
本ライブのチケットで、ちょっと残念な混乱も発生していたりと、微妙な気分になりました。
※ なお25日券は、『鳴瀬喜博 『続・宴暦ロック日和』(2010/11/13 BLUES ALLEY JAPAN)にてお会いした知人に譲りました。

そして当日、新幹線にて上京。上京中も携帯にてVOW WOW のDVDを只管見て予習。
ちょっとだけ早めについて待つこと、少々。開場時間前に、係員の誘導により整列(物販の混乱避けかな?)。
そして、500円のドリンク代とチケットにて入場。
最初のお目当て“アックスの奇蹟~Veritas ! One-night Wonder”DVDを無事ゲット。
事前の緊急告知もあってか、思った以上に混乱もなく入手完了。
ドリンクを貰い、一段落中に上記の知人は2枚(保存用)のDVDを購入。自分も迷う。

そうこうして、いざ席を探す。厚見玲衣(key)側やや後方、悪くない席だ。(自分、背丈があり目もいいので… 後ろの人ごめんなさい)
そして、かげアナウンス。 「スタンディング禁止!!!、、、、、、、とはなっておりません。」にみんなの喜び。

そして初日スタート・・・

本編の終了、アンコール、アンコール後も鳴り止まない拍手。。。。。(きっと去年のこともみんな頭にあったのだろう)

それを見届けて、宿に向かう。
早速、購入したDVDを視聴すること3時間。やっぱり いい!!!
携帯で見るため、加工を仕掛けつつ寝ることとなった。
が、興奮冷めやらぬ夜、もう一回DVDをみることとなる。

明けて日曜日、開演時間まで相当な時間があるが、することがない。
とりあえず、宿の隣駅まで運動をかねて歩く。
そこのスタバで、昨日のDVDを携帯で見ながら遅めの昼食をとることとした。
あとで思ったのだが、NHK第1ラジオの公開生放送みにけばよかったょ (^^;

そして、開演時間前に着くようにと出発する。
原宿駅に着き、開場を目指すが難敵に遭遇。
代々木第1体育館にて行われていた"何か"の集団に行く手を阻まれる。開場でも、この集団に難儀したとの声をちょこっと聞いた。

開場につき、再び整列。結局、保存用DVDを買うこととなった。(^^;
そして、席を探す。
2日目は2階席だったが、最前列の壁よりだったこともあり、昨日よりもいい!!
そして、昨日と同じかげアナウンス。

2日目スタート・・・

本編の終了、アンコール、アンコール後も鳴り止まない拍手再び。。。。。

この二日間は、感動そのものでした。

最後に、昨年のSHIBUYA-AXにも参戦しそして今年も参戦できたことを感謝します。

そしてなにより、このライブを支えてくれた全ての人に感謝します。

1日目セットリスト
01.HURRICANE
02.DONCHA WANNA CUM(HANGAR15)
03.ROCK YOUR CRADLE
04.LOVE WALKS
05.STAY CLOSE TONIGHT
06.VOCAL SOLO - CRY ME A RIVER
07.KEYBOARD SOLO - WHITE CHRISTMAS
08.MASK OF FLESH(MASQUARADE)
09.SIGNS OF THE TIMES
10.GUITAR SOLO - AMAZING GRACE/SILENT NIGHT
11.SIREN SONG
12.DON'T TELL ME LIES
13.PAINS OF LOVE
14.NIGHTLESS CITY
15.YOU'RE THE ONE FOR ME
16.SHOCK WAVE
Encore1-1.GO INSANE
Encore1-2.SHOT IN THE DARK
Encore2-1.TOO LATE TO TURN BACK
Encore2-2.ROCK ME NOW

2日目セットリスト
01.SOMWHERE IN THE NIGHT
02.TELL ME
03.HELTER SKELTER
04.MOUNTAIN TOP
05.I'VE THROWN IT ALL AWAY
06.DON'T LEAVE ME NOW
07.VOCAL SOLO - A SONG FOR YOU(LEON RUSSELL)
08.KEYBOARD SOLO - ARABESQUE(MOON DANCER)
09.TURN ON THE NIGHT
10.GUITAR SOLO - AVE MARIA
11.YOU GOT IT MADE
12.GO INSANE
13.CRY NO MORE
14.DON'T TELL ME LIES
15.NIGHTLESS CITY
16.YOU'RE THE ONE FOR ME
17.PREMONITION~HURRICANE
Encore1-1.SHOT IN THE DARK
Encore2-1.ROCK ME NOW

 

 

 

 

 

 

 

 

率直な感想としては、楽曲の選曲は初日が好みの人が多かったと思います。
ライブとしての完成度は、2日目のほうが数段よかったと思います。

初日は、キーボードの音が若干大きめだったと思うし、Shock Wavesのブレイクも、
ボーカルは去年ほどのクオリティーは確保できていなかったように感じました。

総じて、初日<昨年<2日目 でクオリティーはよかったと思います。

私個人としては、渡英後の楽曲の方が好みなのでまことに嬉しい限りなのですが。

たまに、Mountain Top のアルバムは VOW WOW らしくないと聞きますが、確かに
アルバムチューンでは、あの湿った感じが薄く少し軽い印象だったりするのが、
ライブチューンでは、やっぱり VOW WOW そのもの。

そして、漠然と渡英前と渡英後の違いを感じていたのですが、それが何だったのか
少しだけ判った気がします。渡英前は、"ジャパメタ" 渡英後は"生粋のHR"なのかなと。

どうでもいいことですが、、2階席からステージの上がとてもよく見え、進行用(?)モニタに、
歌詞が出ていたのを発見し、なんとなくボーカルもやっぱり人なんだなっと思った2日目でした。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://gekkoh.org/trackback.php/20101230120712681
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

記事カテゴリ

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

ダウンロード (2週)

-

QRコード

QR code